MIDASのM32Rを使いだして一年と少しが経ちました。高機能高音質軽量コンパクトで所謂BOSE仕事からそれなりのバンド物まで大活躍です。

が。

バンド物とだと物理的なフェーダー数が足りずレイヤーをあっちへこっちへと。フルサイズのM32が欲しくなります。
何とかならんもんか…と言うことでbehringerのフィジカルコントローラーX-TOUCHを導入してみました。

NYからやってきました

情報が少なくて苦労しましたが、なんとか構築できましたので備忘録。

x-touchのFirmwareが1.15以降でないとX/M32のリモート操作には対応していないとこの事。社外のツール(MIDI-OX)が必要。

LANケーブルでつなぐ場合はYOUTUBEに解説動画あり。

X/M32本体はREMOTEタブでX-TOUCH over MIDIとX-TOUCH over Eathernetをチェック。X-TOUCHはCH1のSELECTボタン押しながら電源いれて設定。XctlモードでNetwork,DHCPオンにして直接繋いでSCANすればすぐに見つけてくれます。ルーター噛ましたらDHCPの競合が起きるかも。検証してません。

NAMEとCOLORはちゃんと反映してくれます

ウチの場合は使ってるルーターがHUB無しなのでリモートはMIDIポートで繋ぎたいので…
MIDIの場合は双方向にしなきゃなのでMIDIケーブルを行って来いの2本接続する必要があります。

それぞれIN-OUTを結線

ボタン配置はこのシートを参考に。

このシートには書いてないんですがレイヤーの切り替えはfeder bankボタンです。

フル機能をコントロールできるわけでは無いのですが、任意のレイヤーが出せるだけでもかなり助かります。